半沢直樹9話あらすじ&ネタバレ感想【近藤が大和田に・・】

半沢直樹9話あらすじ

タミヤ電機の不正に、大和田(香川照之)が絡んでいる可能性が浮上する。

数年前、タミヤ電機が融資金を“また貸し”した先が大和田の妻・貴子(相築あきこ)が経営する会社であったことが判明。

そんな中、半沢(堺雅人)は、近藤(滝藤賢一)にタミヤ電機社長・田宮(前川泰之)の証言を取ってくるよう託す。

半沢直樹9話ネタバレ感想

金融庁検査最終日までに、半沢の弱みを握りたい黒崎は疎開資料のありかを探るため半沢を追跡するよう指示。

そして、ひとつの手がかりを得る…

始まった金融庁検査最終日。

疎開資料のある場所を完全に封鎖した黒崎は、半沢へ猛攻撃。

黒崎の攻撃を巧みに論破していく半沢。

しかし最後の砦、協力会社の破綻によっての経営背景難を突きつけられる半沢。

が、ここで半沢はこれに変わる最大の秘策を提示した。

金融庁検査最終日の聞き取り前に、伊勢志摩ホテル湯浅社長が海外資本の傘下に入ることを決断したのだ!

これで伊勢志摩ホテル再建の目処がたった。

唖然とする黒崎。

半沢は見事に金融庁検査を乗り切ったのだった。

が、しぶとい黒崎は疎開資料の件を持ち出す。

会議に出席している全ての人間を引き連れ、東京中央銀行本部の地下2階へと足を進める。

そして、隠し場所の扉を開けるよう半沢に指示する。

扉が開いたその目に飛び込んできたのは、縦に積まれた段ボール。

黒崎は不敵な笑みを浮かべながらその箱を開ける。

半沢万事休す。

しかし、箱のなかから出てきたのは疎開資料とは似ても似つかないパーティーグッズだった。

恥をかかされた黒崎は半沢へひとこと。

『この借りは一生忘れないわよ!覚えてなさい!』

これで金融庁検査は半沢の完全勝利で幕を閉じた…

?近藤

棚橋社長が大和田の妻だったことを確認した近藤達は、タミヤ電機から流れた転貸資金の真相を確かなものにする。

半沢は近藤に田宮社長からの証言を取るように頼み込む。

後日、近藤は田宮社長にこう告げる。

『大和田は簡単にシラを切りますよ。』と。

すぐさま大和田に連絡を取る田宮社長。

近藤の言う通り、そんな件は知らないとの返答を受ける。

憤慨する田宮社長は近藤にすべてを打ち明けた。

証言を取り付けた近藤はすぐさま報告書をまとめ半沢の元へと向かう。

その時1本の電話が・・

?湯浅社長

金融庁検査の数日前、半沢は湯浅社長の元を訪れ秘策を提案する。

その唯一の秘策とは海外資本の傘下に入ることだった!

湯浅社長は驚愕する。

しかし、これ以上の策がない半沢は金融庁検査までに決断するよう湯浅社長に求める…

?大和田

田宮社長を見限った大和田はついに形勢不利の立場に陥る。

田宮社長がこれまでの全てを近藤に証言したからだ。

怒り狂い膝から崩れ落ちる大和田。

が、それでもしぶとく食い下がる大和田は最後の賭けに出る。

田宮社長の証言をまとめた近藤を取り巻こうという狙いだ!

取り巻きである岸川部長とともに近藤を口説き落とそうとする大和田。

だが近藤も首を縦に振らない。

そして、とっておきの切り札を近藤に投げかける。

権力をかさに近藤を銀行へ戻すという裏取引だった!

いろいろな想いが脳裏を駆け巡る近藤。

そして、ついに近藤はその取引に応じるのだった…

コメント

タイトルとURLをコピーしました