半沢直樹8話あらすじ&ネタバレ感想【金融庁検査で黒崎と真っ向勝負!】

半沢直樹8話あらすじ

大和田(香川照之)に土下座した半沢(堺雅人)はホテルの担当から外れずに済んだ。

だが、ホテル再建に必須であるシステム開発会社の破綻は確実視され、苦境は変わらない。

そんな中、大和田は内藤(吉田鋼太郎)を呼び出し、半沢の更迭を命じる。

しかし、内藤は「不当人事」とし、大和田に反論する。

半沢直樹8話ネタバレ感想

vs黒崎

再び始まった金融庁検査。

協力会社が破綻することとなった半沢は、黒崎から伊勢志摩ホテルの再建案の答えを早急に出すよう求められる。

反論する要素がない半沢を、上司である?が結論の猶予を求め懇願。

?の力添えによって、なんとか難を逃れる。

そして、たったひとつの秘策が思いつく。

vs大和田

時を同じくして大和田は半沢の伊勢志摩ホテル担当職を外すように画策。

そして、金融庁検査最終日前に銀行内で模擬検査を行うことを提案。

この模擬検査の担当に指名されたのが、大和田の息がかかる半沢の同期、横山だった。

福山は東京中央銀行内では、リサーチのスペシャリストとも呼ばれ、データ収集で右に出るものはいない。

始まった模擬検査、伊勢志摩ホテルの業績悪化を徹底的にリサーチしてきた福山は半沢への猛攻撃を開始。

半沢も反論するが、福山は半沢の反論を完璧にいなす。

しかし、半沢はここから怒涛の猛攻撃を開始する!

実は福山がリサーチしてきた情報の中には、伊勢志摩ホテル120億円の損失が羽根専務の独断だったことを知らなかった。

焦る福山。

そして、半沢の攻撃になすすべなく撃沈。

同席していた大和田も苦虫を噛み潰すような表情を浮かべ、福山を一瞥。

半沢の圧勝に終わった模擬検査だったが、ここから再び半沢に試練が訪れる…

近藤

タミヤ電機内でも信頼を得つつある近藤は、ある日書類が差し替えられていることを知る。

これが、半沢VS大和田の?になるとはこの時は誰も予想だにしなかった…

そして近藤は差し替えられた書類に、ある特定の会社があることを知る。

「株式会社ラフィット」

タミヤ電機はこのラフィットという会社に3千万円もの転貸資金を行なっていた。

転貸資金とは?

実際には赤字経営だったタミヤ電機が3千万円もの融資を横流ししていることを不審に思い独自調査を開始。

後日、田宮社長を問い詰めるが田宮社長は口をつぐむ。

もう、打つ手がない近藤は直接ラフィットの棚橋社長を直接尾行する。

棚橋社長の自宅まで追跡した近藤。

そして、門に掲げられた表札を確認。

その表札に書かれていた名前は、なんと

『大和田』

だった・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました