半沢直樹6話あらすじ&ネタバレ感想【第二章東京編】

半沢直樹6話あらすじ

半沢(堺雅人)が、東京中央銀行本部の営業部次長に栄転してから1年。行内の評判も良く、順風満帆かと思われた。そんな中、半沢の父親を自殺に追い込む原因となった大和田(香川照之)と会うことに。半沢は、実家のネジ工場の話を持ち出すが、大和田に覚えがないと知り、憎悪を募らせる。

半沢直樹6話ネタバレ

東京・伊勢島ホテル編の幕開け

東京本部営業第二部に次長として舞い戻った半沢。

帰京して1年が経ったある日、緊急の金融庁検査が行われることとなる。

金融庁検査とは?
【銀行が正しい業務を行っているかどうか、融資取引に問題がないかなどを金融庁の検査官が来て調査するもの】

時を同じくして大口の融資を行なっている伊勢志摩ホテルが120億の損失を出したことが判明。

頭取直々の命令で半沢がこの案件を引き受けることとなる。

しかし、金融庁検査までの期間は2週間。

再び半沢に試練が襲い掛かる!

伊勢志摩ホテルへ出向いた半沢は、伊勢志摩ホテル羽根専務と面会。

業績黒字が融資の条件だったことを伝え、融資した200億の返済を要求するが、失敗を見抜けなかった銀行側に責任があると突きつけられる。

しかし、この融資には裏があると踏んだ半沢はまたしても独自の調査を開始する。

人望の厚い半沢に、次々と援軍が集まる。

まず初めに聞き取りをおこなったのが、半沢の前任として、伊勢志摩ホテルを担当していた、時枝だった。

時枝への聞き取り調査によって銀行内部の足の引っ張り合いを知る。

もっと深い闇があると察知した半沢は、渡から得た情報を元に東京中央銀行・京橋支店へと出向く。

実はこの京橋支店、歴代の支店長を旧・中央産業銀行派閥で独占していた。

京橋支店課長代理の古里と会い話をするが、のらりくらりと交わされ、追い返される。

何か大きな裏があると感じた半沢はある人物を尋ねる。

伊勢志摩ホテルの運用損失を内部告発した、伊勢島ホテル元経理課長の戸越だった。

戸越の口から出た言葉は、東京中央銀行にも告発したという内容だった。

再び京橋支店課長代理の古里を訪ね、その事を突きつける。

しかし、古里はそんな内容は知らないとつっぱねる。

元経理部長の戸越を使い古里の口からことの真相を引き出す。

古里からその証拠書類が京橋支店内にある事を聞き出した半沢は、古里を引き連れ銀行へと舞い戻る。

金庫の中にある証拠書類を必死に探す半沢。

しかし、古里の上司である貝瀬支店長がこの書類を疎開資料として持ち帰ろうと銀行へ戻る事を伝える。

書類を探している途中、貝瀬が銀行へ戻ってきた。

半沢万事休す。

かと思われたが間一髪のところで書類を手に入れる。

この証拠書類を元に伊勢志摩ホテルの運用損失の実態を知ろうと奔走する半沢。

そして後日、伊勢志摩ホテル元経理部長だった戸越が、再び伊勢志摩ホテルへ戻れることになった事を伝えるために訪ねてきた。

その時、戸越の口から飛び出してきた言葉は伊勢志摩ホテルと京橋支店の闇を伝え聞く。

京橋支店をでた半沢を待ち受けていたのは、伊勢志摩ホテル社長の湯浅だった。

近藤

京橋支店からの帰り、たまたま近藤と出くわす半沢。

近藤は焦っていた様子で、再開のあいさつもそこそこにその場を立ち去る。

出向先であるタミヤ電機への融資を取り付けるために近藤が向かったのは、東京中央銀行・京橋支店だった。

対応したのは、あの古里だった。

古里は出向を食らった近藤を蔑むような態度で侮辱する。

その瞬間、近藤の発作が再び発症してしまう。

銀行から追い返された近藤を待っていたのは、タミヤ電機の古株達による悪質ないやがらせだった。

再度、京橋支店を訪れた近藤は小里に対し融資の件を必死に頼み込む。

が、古里はまたしても近藤を相手にせずさらに追い込む形で追い払う。

心が折れた近藤を待ち受けていたのは、半沢だった。

近藤を道場へといざない、剣を突き合わせる。

近藤の気迫を呼び起こそうと必死になって、剣を振るう半沢。

それに応えるように、徐々に心を取り戻し必死になって半沢を追い込む近藤。

無心になって剣を振るった近藤にようやく気迫がよみがえってきた!

半沢のおかげもあって、なんとか融資を取り付けることができた近藤はタミヤ電機の古株達を一喝。

その気迫に押された

湯浅社長

湯浅社長と話をする中で、運用失敗の件はすべて羽根専務が独断でやった事だという事を知る。

そして、半沢を伊勢志摩ホテル再建への陣頭指揮を頭取に直々に頼み込んだのが湯浅社長だったことも。

黒崎

金融庁検査が行われる初日、半沢の元へやってきたのはかつて大阪でやりあった黒崎だった。

金融庁主任検査官として再び半沢の前に現れたのだ。

これが半沢にとって、これ以上にないかなり不利な金融庁検査の始まりだった・・・

大和田

大和田常務に会食に誘われた半沢。

旧・産業中央銀行の後輩とあって

たまたま会食で出た日本酒が半沢の地元、金沢の話題に。

そして大和田が昔金沢にいたことを話すと、半沢が切り返す。

『実家は半沢ネジという小さな工場を営んでいます』と。

そして、『オヤジは銀行の貸し渋りにあい自殺しました。』

そう伝えるが、大和田にはその記憶は頭の片隅にもなかったようだ。

京橋支店の件を詳しく聞き取ろうと、再び大和田に呼ばれる半沢。

半沢は証拠書類の件と戸越から伝え聞いた件を報告。

そしてこう一言

『もしも、私が伊勢志摩ホテルの再建に失敗したら、あなたに対するこれまでの非礼、土下座して謝罪します。』

『しかし、もしも不正が発覚したときには私の前で土下座して謝罪してもらいます!』

と。

ここから半沢と大和田の因縁の対決が始まった・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました