半沢直樹5話あらすじ&ネタバレ感想【ついに東田を追い詰める!?】

こんにちは山城直樹です。

この記事では半沢直樹5話のあらすじやネタバレについてご紹介しています。

東田の愛人・美樹を取り込んだ国税。果たして半沢の行く末は・・・

それではさっそくご覧ください♪

半沢直樹5話あらすじ

未樹(壇蜜)が国税局に協力したと知り竹下(赤井英和)は焦るが、半沢(堺雅人)は「やるだけのことはやった」と覚悟を決める。

一方、半沢は父・慎之助(笑福亭鶴瓶)の死の真実を花(上戸彩)に打ち明ける。

花は半沢の内に秘めた思いを知る。

翌日、国税局による東田家の家宅捜索が始まる。

(引用元:ザ・テレビジョン

半沢直樹5話ネタバレ

「国税が東田の別荘へ!?」

美樹を手中に納めた国税は、東田の隠れ家へ令状をもって家宅捜索。

慌てた東田は隠し財産に関する全てのものを美樹に託す。

美樹はそれを持って外へと・・

そこで待ち受けていた国税側に全てのものを手渡した。

これで、5億円融資事故に関する全ての出来事は終わった…。

かと思いきや、これは全て半沢が仕組んだワナだった!

半沢は、わざと国税に近づくよう美樹に指示。国税が家宅捜索に踏み込めば、おのずと隠し財産の証拠を美樹に託すに違いないと。

そして、半沢の思惑通り証拠を手に獲れることに成功。

「ついに浅野支店長が半沢に土下座!?」

全ての証拠が揃ったことを知らない浅野支店長は5億円融資事故の件が全て終わったと安堵する。

なぜなら半沢の出向も決定していたのだ。

しかし、再び浅野に天罰が降りかかる。

家族とともに休暇を楽しむ浅野だったが…

半沢が手に入れた浅野の通帳とともに、決定的な証拠となる写真が添付されたショートメールが届く。

冷や汗をかき、焦る浅野。

後日、すべてを悟った浅野は半沢に詫びを入れる。

しかし、それを許さない半沢。

このことを洗いざらい公にし、天罰を受けてもらうことを通達。

が、その時このことに感づいていた浅野の妻・利恵が支店長室を訪れる。

そして、半沢の手を握りながらにこう一言。

『こんな人ですが、うちの主人をどうか、どうかよろしくお願いします』と。

全ての事の経緯を話した浅野だったが、それでも許さないと支店長室を後にする半沢。

膝から崩れ落ちる浅野。

しかし、先ほどの妻・理恵の手の温もりに過去の自身の経験が蘇る。

再び支店長室に足を運んだ半沢。

浅野に対し、半沢の要求を全て飲むことと、土下座での謝罪を条件として許すと伝える。

浅野は、あと一歩のところで半沢の前にひれ伏すことに。

これで、半沢の逆襲劇に幕を閉じることとなった。

「東田をついに成敗!?」

美樹が働くクラブで豪遊する東田の元に現れた半沢と竹下社長。

隠し財産を手に入れたこととその財産を差し押さえたことを伝える半沢。

内偵していた国税もその言動に慌てふためく。

そんな事はないとタカを括る東田は隠し口座にアクセス。

半沢のいう通りアクセス不能になったことを知った東田は逆上!

しかし、剣の達人である半沢の足元にも及ばず成敗される。

東田のもくろみは全て失敗に終わった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました